■CALENDAR■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前月 2018年06月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■

たいがいおかしい
せんせのところに行きました。

映画を見た後は感情が乱高下して脳波の動きが見えるようになるぐらい過敏になる
だから映画は観ないようにしました
かぐや姫の物語ってやつなんですが

せんせ:「オマエがジブリ好きとは思わなかった」
わたし:「どういうのが好きだと思っていたんですか」
せんせ:「…(黙ってパソコンを起動する)」

私も相当おかしいけどさぁ
wikiの内容を全部印刷して
ほれ、とブン投げてくるせんせも相当おかしいと思うなんて言えない…

----------
私も歳を取ったからか
周りに病気の人が増えてきました。

体が弱く 絶えずゴホゴホしているけれど
大病から逃れて生きているのはありがたいことかもしれません。

| 日記 | 09:55 PM | comments (0) | trackback (0) |
昨今の記録
・通信教育の書道の方は
 行書の課題(蘭亭序)を出したところ、ABC判定なしの再提出を求められた。
 「見本と原帖のどちらを見たのですか、もっと形を作りなさい」と
 厳しい指摘をいただくも、

 正直言うと どちらを見たらいいかわからなかった…

 (見本の方は「臨書見本」と書かれているから 誰かの書いた後期のものなので
 それを見本にしていいかどうか悩ましい気がした。
 原帖のほうは何の拓本かよくわからなかったので見本にしていいかどうか悩ましい。
 ただ、原帖はおそらく張金界奴本と呼ばれるもの。

 とにかく蘭亭序は複製が多く 誰が書いたか定かでもなく
 ファーストインパクトとしての手本を選ぶ時点で慎重になっており、
 自分で神龍半印本の見本を購入していた)

しょうがないので我を殺して見本に沿う。
これはこれでかなり後期に書かれたもの。
たぶん昭和の時代で、全体の構成に動きが生じている。
もともとの大きさは全紙だったのだろう。

我を殺して馴染むまでに時間がかかった。
今日になってなんとかできあがったが、
提出する際に「前回の提出物」を封筒に入れるのを忘れてしまった。
郵便局に出しちゃったのに~

郵便局に「すみませんが発送しないで戻してください」と駆け込む。
無事に封筒は戻ってきた。
もしもそのまま出してしまった場合、
基底を満たしていないため差し戻しになって単純に2-3週間ロス。
時間がかかりすぎる。

必要な書類を納め直して再び発送。戻ってくるのは6月末か。

・ペン字の方は9Aというところからスタート。つまり普通。

・書道のサークルの方はしばらく停止。
先生は謎の体調不良で身動きが取れないところに娘さんの出産でお手伝いをしなければならず、
一緒に習っている塩さんも娘さんの出産で介助に行く。
和尚は生きているようだが、そろそろ田植えをすると思うのでたぶん来ない。
そして私は一人で会場にいるのが心細いので困っていた。
先生から電話があって、9月までサークル全体を休みにすることに決定。

・今年も選抜展に申し込んだ。もらった番号は4番。
 1回目の添削に申し込んだが、だいたい戻ってくるのに1カ月近くかかるので
 下手したら2回目の添削提出期限に間に合わない。

いよいよ一人で考えるしかないので、
ただただ頭の中で色々とこねくりかえしている。

・睡眠薬がベルソムラに戻った。
嫌がらせレベルの悪夢が戻ってきたが、コントロールできるようになっている。
(便器に座って旅行をする羽目になる等のささやかな嫌がらせに対して
 「汚い商売をしやがって」と返すぐらい)

ベルソムラの副作用として悪夢があるが、
今回はなんとなくフィットしている。
夢の中に病人や怪我人が出てくることがあるのだが、
最近は手をかざして治療ができるようになった。

さらに、夢の中で殺されないようになった。
肉体の存在を夢の中で消すようになっている。

大学の夢は相変わらず見ている。
それに対しても「大学にいる理由はなくなった」と思えるようになっている。

夢の中の世界では、かなりやれることが増えたような気がする。

| 日記 | 08:35 PM | comments (0) | trackback (0) |
大きいものから小さなものへ
夏が近づいております。

そろそろ来るだろうと思っていたら
昨日付けで選抜展の案内がやってきました。

今年は新人ではないし、
段位枠から出すことになるのでそれなりにお金がかかると思っていたら、
「早く出品申し込みをした人は出品料から1割減」という謎のセールがかかっていました。
というわけで今日付けで申込用紙を発送。

今年は申し込みを増やしたいらしく、
6級-10級からの出品が可能になっています。
級位が低い状態でも実力のある人はいるから、いいのではないか。
競書誌を購読している人でも出品ができるようになったので、
外部からの参入もできそうです。

というわけで、間口を広くしたけど競争も激しくなるのが今回の選抜展。

----------
案内には、去年のギャラリーの様子を撮影した写真が2枚掲載されていました。
そのうちの1枚は、私の書いたものが中央に配置されています。
今見ると稚拙すぎて死にたい(TT)

----------
今回も古典を臨書して、漢字書道部門に出そうと思っていました。
5月あたりから半切に見本を作って構想を練っていた次第。
自分で決めたお題は「鄭羲下碑」。
去年、学長が「力をつけたいならこういうのをやりなさい」と言っていたのを
真に受けて本当にやっていたので
そのまま学習結果を出す。
傍から見たらおバカに見えるだろうなぁ…
力と大きさで真っ向勝負をしかけていく無位無官の図。

(楷書なんだけど、いろんな書体の要素がある書風なので
 総合力がないと書けないというのもあるだろう。
 そういう意味で、力をつけたいならやりなさいというお言葉は正しい)

八文字で提出するつもりだったが
どうやっても余白ができず、詰まって苦しげになってしまうので
六文字構成にして個々の字を大きくすることにした。
去年のものよりは大きく書けていると思うが、
細かいところの修正は必要だろう。

----------
午前中に半切に大きいものをうりゃうりゃと書き、
添削を受けるべく ファイリングして封筒に入れて提出。

さらにパイロットペン字の第二回提出期限も迫っているので
それもやっつけることにする。
今回のお題は漢字。今だに「走」「節」のバランスがよくわかっていないが
全体的な形は整えられるようになっている。

書くものをデスクペンに変えてごりごりとお題を書きつけて提出。
自由課題の長文が間延びしてしまったのが残念。

| 日記 | 07:01 PM | comments (0) | trackback (0) |
蘭亭序をやっておりました
書道の課題に取り組んでおりまして、
有名な古典の「蘭亭序」がお題になっておりました。
11文字を半紙横に配置して書いて臨書しなさいというもの。

一度教材で通しで臨書して、それから筆順を全部チェック。
構成について考えてうなされること数日。

今日になって、できてしまった。あり?
普段は完成までにもう少し時間がかかっているのですが…

とりあえず郵送しておきました。

----------
そろそろ選抜展のお題を考えておかなければいけない。

やりたいことはあって、楷書の古典の「鄭羲下碑」を使いたい。
これは大きく書かないとダメなものなので
パワーと大きさで訴えるという手法を…つまりゴリ押しをやりたい(ぇ
斬りつけるような書き方をしていないので、そういうところも好き。

問題は文章が八文字ということで、
それを半切にどう配置したらいいかを悩んでいる。
そろそろフォトショップで拡大原本を作って構成を設計しようと思っているが
コンピュータを使ってそんなことをしている書家はいるのだろうか?

そんなことをやっているという話。

| 日記 | 08:45 PM | comments (0) | trackback (0) |
MRワクチンを受けてきました
ワクチン接種のためにかかりつけ医のところへゴーゴー。

内科のせんせは なぜかどんよりしていました。

せんせ:「麻疹は まぁ子供がかかるものですが大人でもかかります」
せんせ:「死ぬときは死ぬ」

わたし:「…」

せんせ:「インフルエンザもそうね、死ぬときは死ぬ」

わたし:「…(どうしたんだせんせい)」

せんせ:「ま、一応やっておきますか!」

というわけでパスリと左腕に注射をしてもらって終了。
10500円でした。自費。財布が痛い。

せんせ:「5月20日あたりにまた流行してくると思います」

連休から潜伏期間を考えればそのあたりが妥当か…

| 日記 | 09:25 PM | comments (0) | trackback (0) |
添削が来ましたぞ
楷書のお題を出しておりまして
添削が届きました。

孟法師碑(褚遂良)のやつで
配置が大変だった。
少しずつ概形が違うのでバランスがとれない(TT)

判定:合格
講評:良く書けています。
払いはしっかりきれいに払いましょう
名前上手い!

柔らかい羊毛筆で書いているので
払いで墨が力尽きて消えていることがある。
いまだに止め跳ね払いで苦労している。




| 日記 | 08:43 PM | comments (0) | trackback (0) |
ケシミン系を買ったら
ちょっと顔のシミが気になります。

試しにケシミン化粧液を買いました。
できちゃったシミには効かないようですが
これからシミが増えるのは避けたい。

ドラッグストアのレジのおばさんが、
「シミが気になっていますか?」と訊ねてきたので、

わたし:「シミと老化が気になります」
おばさん:「老化は私も気になる」

それ以上会話が続きませんでした(^^;;;;;;;;;;;;;

| 日記 | 07:36 PM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑